コヨシキリとトミー

名古屋市のAGAクリニック
看護師も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと階級も上がっていきます。具体的には、婦長と聞けば比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、他にも役職があるのです。昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も多くなっていますので、資格を持った正看護師という地位も役職的には上の立場に立っているという訳です。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は女性が担うものというイメージがありました。でも、今では看護師という名前も定着して、男性が働くことも多くなってきました。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、看護師にとって大事なポイントになっています。病棟に勤める看護師は、夜間も常に患者のケアにあたるため夜勤が必須の職業です。夜勤の時間帯については、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。対する3交代勤務の夜勤では勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。希望する病院がどういった交代勤務を採用しているのか早めに調べた上で検討することをおススメします。一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは不規則な休みでしょう。平日が休みになってしまっては、友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという辛さがあるようです。または、労働環境が過酷で忙しくて休みが取れないケースもあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、転職を考えるのが良いでしょう。看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、なんといってもブランクがあったとしても心配はいらず、また看護師に戻れるという点です。どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、現場の人手不足の問題が根拠として挙げられます。どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば時と場合によりたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。看護師という仕事をしているのは女性がかなりの割合を占めている職業なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、比較的離職率が高い職業です。加えて、勤務時間が一定でないこと、ハードな仕事内容であることが原因で離婚率についても高くなっているようです。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。看護師として外科で働く際のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、分かっておく必要があります。まず、手術前の患者や術後の患者の看護を実践することで、スキルアップに繋がります。考えられる短所はといえば、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、時間をかけて確実にそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど男性から人気が高い看護師が、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が分かりました。晩婚になる理由を挙げるとすれば、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。みなさんご存知のように、看護師の休日については働いている職場でそれぞれ異なるようです。特に、3交代の勤務体系で行われていると、シフトに沿っての仕事になりますから、休日勤務や平日休みになることがよくあります。一見大変そうなシフト勤務ですが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。一般的に見ると看護師の職はハードワークだと言われますが「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、途中で休憩をとることはとるのですが、合計して16時間勤務となることもあるのです。長時間勤務がザラだということも世間的に、看護師として働くことが大変だと思われる一因だと思います。看護師になるための手段として、看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。大学の特徴を挙げると、最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。それに対して専門学校は、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。さらに学費に関していえばなんと大学の学費の十分の一程度です。夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが、体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、注意点ですが、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して収入が少なくなることがほぼ確実なのです。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、看護師に多いトラブルと言えば、職場での人間関係の難しさや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。看護師には女性も多いので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも少なくないのです。他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、もっと環境の良い職場で働くのもアリだと思います。給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、詳しく見てみるとどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、総額が上がっている場合が多いです。ですから「いいお給料で看護師をしたい」というのならば日勤しかない職場に勤務するよりもハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。この夜勤があるかどうかによってどのくらい稼げるかが変わってきます。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。そうはいっても、ここ数年の間に看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておくことが大切です。女性の看護師の場合、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが相応しいと思います。すっぴんとは異なり、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象がまた違ったものになるでしょう。気になる看護師資格の難易度ですが、どのくらいのレベルになるのでしょうか。試験の合格率ですが、90%前後となっています。試験そのものも、それまでの学校生活でしっかりと勉強していればそれほど苦労なく合格できるものですから、全く看護師の資格取得は難しいものでもないようです。今、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。しかしながら、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には帰国しなければならないと決まっています。病院などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、とても大変だというのが現状です。ちょっと前までは一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、ここ数年の間に徐々に男性看護師も増加しています。実際の看護の場面においては、患者の移動、お風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。年収については、女性の場合と一緒ですが、産休や育休がないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。職場が外来の看護師であれば、日勤になることもありますが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、看護師経験が浅い間は確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。個人的な話ですが、妻も看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。ですから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので困った事を覚えています。昨今、看護師不足の傾向にあると考えられています。看護師の免許を持っていても、看護師をやっていないというケースは少なくありません。このように看護師が足りなくなるのは何故かというと看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。実際の離職率はどのくらいなのでしょう。なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。女性の割合が多い仕事なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。初めて看護師の就職先を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、年齢が原因になっている可能性があります。求人広告や求人サイトには年齢についての制限を載せていない場合も、場合によっては、病院が内実に採用に関する制限をあらかじめ決めている場合もあります。例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合ではかなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。あまり意識されたことは無いかもしれませんが、看護師にもそれぞれ階級があります。トップに位置するのは、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長、総看護師長といわれる階級です。どのようにして階級を上げるのかというと、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、周りの人間の信頼を得るように努力することが必須になります。階級が上がれば上がるほど、年収や待遇は良くなるでしょう。看護師の中でも国家試験をパスした正看護師になるには、看護の専門学校や大学等を卒業することが必要不可欠になります。それが試験の受験資格でもあります。ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、こうした専門学校に合格するための予備校に通って勉強する人もいます。いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、通信で学べる学校もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。普通、看護師の職場と言えば病院ですが、実際は多種多様なものがあり、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。また、介護施設や保育園も看護師の職場と言えるでしょう。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、もちろん、看護師も同様です。総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では収入は違ったものになるでしょう。これらの事を考慮すると、看護師として働く人の平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、医療の立場から支援したいと考えている看護師の方も多いのではないでしょうか。海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、困難を抱える人を救うことの出来る看護師という人材が要求されています。海外で看護師になる場合、医師や患者と意思疎通をはかる上で、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、往々にして、好印象を持つ人が大半でしょう。とは言え、看護師の勤務の実情に着目してみれば、収入はそこそこあるとはいっても、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。一口に看護師と言っても、配属先の科によって、看護技術やケアなど、看護の方法が違います。ローテーション研修は他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。また、看護師として全体的なものの見方が出来るようになり、多くの事を学べる機会です。将来を考えるキッカケになりますから、新人看護師の意欲も上げられると言われています。昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師がとても大変な思いをしているという現実があります。男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、ストレスが蓄積されたり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは深刻な現状を表しているといえます。医療に関わる職種の中でも看護師という職業は「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、そうは言っても、労働者の権利を訴えるような組織がなければ状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、看護婦を雇う側がちゃんと考えてくれることが大事なことだと思います。